未分類

効果的な資格講座活用


今日第一線で活躍されている公認会計士の方は大勢いらっしゃいます。その方々も、かつては社会人としてそれぞれの仕事をこなしつつ、資格講座を活用して勉強された経験をお持ちの方も多いです。公認会計士を目指される方々に見られる共通した傾向として、子供の頃からの将来の目標ではなく、実社会で働く中でその存在の重要性と将来性に気づかれた方が多く存在します。

勉強資格合格を目指している方の中には、年齢的、そして各々の勤務先においても既に重要なポジションに就いている方もおられるでしょう。仕事をしていると、学生時代のように試験対策最優先の24時間を過ごすのは難しいです。そのため、限られた自由時間の有効活用が試験合格の鍵となります。

こうした制限の中、教材の選択から勉強のスケジュールの組み立てなど、準備段階から全てを自身だけで行えば、それだけ必要な知識の修得が二の次となりかねません。試験日から逆算した確実な学習スケジュールと、直近の過去問題などのポイントを押さえた教材が準備された資格講座の活用こそが、社会人の方々にとってベストな選択肢だと考えられます

ここで大切なのが、自身にとってベストだと確信できる講座の選択と、一旦着手したのであれば、迷わず着実にカリキュラムをこなし続ける持続力です。毎年多くの合格者をサポートし続ける確かな実績を持った資格講座との出会いから、公認会計士への第一歩を踏み出されてはいかがでしょうか。

 

自身にベストな選択を

交通公認会計士合格を目標とし、すぐに活用出来る資格講座には、専門学校で開講される授業形式と通信講座、主にこの2つの選択肢が存在します。各々に複数のメリットがありますので紹介します。

まずは前者の通学スタイルでの勉強方法ですが、目の前に講師が存在する受講形式は、集中して関連知識を学ぶ上では最高の環境と言えるでしょう。同じ志を持つ方々との交流も刺激になり、疑問点をその場で直接確認できる恵まれた環境も見過ごせません。一方で、開講曜日と日時が定められているため、本業の仕事の都合で突然出席できなくなるなど、職種によってはデメリットが懸念されます。また、通学に長時間長距離移動が伴う場合の体力面や交通費などの負担も、蓄積すれば小さくありません。

一方の公認会計士通信講座は、近年ポピュラーな資格講座だと言えるでしょう。自身のスケジュールに合わせて活用することができ、添削を通じて指導を仰ぐことができます。また、自身であれこれ教材を吟味して調達する必要が無いなど、便利な学習方法です。ただ、一旦後回しにしてしまえば、そのままズルズルと遅れがちになってしまい、最終的には投げ出してしまう可能性もが否定できません。自身を律してコツコツと続けられる、強い意志が求められる学習方法です。このように、それぞれの特性を理解の上で、自身にベストな資格講座を慎重に選択し、確実に継続する姿勢が望まれます。